0.戻る

発熱や咳が年齢を問わず報告されています。

本日、RSウィルス感染症と溶連菌感染症の罹患報告がありました。

RSウィルスは激しい咳から肺炎等へと重篤化しやすく、幼児期には入院を伴いやすいのが特徴です。

溶連菌は発熱やのどの痛みが代表的で、心臓障害や腎炎の合併症につながることもある感染症です。

園では普段から手洗い・うがい・手指消毒をしておりますが、ご家庭でも同様の対策をお願いいたします。

上記感染症に限らず、体調不良時は早めに欠席をしてご家庭で休息させることが大切です。

0.戻る